日々のいろいろ情報館

日々のいろいろな情報をお伝えしています

ホーム » 季節 » 梅雨や雨の日の乗り越え方は?対策して心地良い過ごし方とは?

梅雨や雨の日の乗り越え方は?対策して心地良い過ごし方とは?

梅雨や雨の日って憂鬱な時期でもありますよね。

でも、そんな梅雨や雨の日でも乗り越え方一つで心地よく過ごしていく事ができます。

対策などを色々と考えていきます。そうすることで梅雨や雨の日も乗り越えていく事ができます!!

スポンサーリンク

梅雨と雨の日の時期の問題

日本には、梅雨という雨の多い時期があります。

地域によっても、梅雨入りの時期や期間などに差があります。

沖縄・九州から梅雨に入ります。
沖縄の梅雨はゴールデンウィークをすぎる頃から梅雨入りする事が多く、一ヶ月以上梅雨の時期が続きます。

雨の日や梅雨の時期に主婦として一番困ることが洗濯問題ですよね。

自宅に乾燥機があるという方にはなんの問題も無いことなのかもしれませんが、私のように無いというご家庭もおおいのではないでしょうか。

さて、そのようなときはどうしますか?

梅雨と雨の日の乗り越え方と対策

我が家の例をあげてみたいと思います。

梅雨でも雨の日でも対策をして乗り越えていきたいものですよね。

我が家では、お風呂場脱衣所に簡易的な干場を作ってあります。

湿度の高い梅雨時期はもちろん、雨の日もこちらにて我が家は洗濯を干しています。

室内に洗濯物を干すと生乾きのような嫌なに臭いが気になりますよね。

湿度の高いお風呂場に干すなんて、余計に臭くなりそうな気がしますよね。

そこで、我が家は除湿乾燥機を稼働させるんです。

4人家族、子供の部活の洗濯物で毎日いっぱいです。

そんなに広くはない脱衣所でたくさんの洗濯物を干し、除湿乾燥機のみで大丈夫かと心配されましたか?

大丈夫です!

部屋干しの嫌な臭いもしません。

毎日すっきりと乾いた、柔軟剤のいい香りのする服やタオルに身を包むことができています。

雨の日や湿度の高い日は、なんだか気分が少し優れないという方もいらっしゃいますよね?

スポンサーリンク

梅雨や雨の日の憂鬱さをスッキリと!!

梅雨や雨の日と言うのは憂鬱な気分になりますよね・・・・

みなさんはそのようなときは、どのように過ごしているのでしょうか?

私は、雨の日はなぜだかコーヒーが飲みたくなるんです。

それも、ホットコーヒーを。

そして、コーヒーを飲みながらインターネットサーフィンを楽しんだり、撮り貯めておいたテレビドラマなどを観たりするのが楽しみなんです。

気分も変わります!!

外に出かけることが億劫になる雨の日は、無理せず家の中で楽しみを作ることをオススメしたいです。

テレビドラマを観る、本を読む、インターネットをする、手芸を楽しんでみる、思い切って部屋の模様替えをしてみるなど。

雨の音を楽しむ、という楽しみもありますね。

屋根から伝い落ちる雨粒の音。

空き缶に当たる雨粒の音も風流だと思いませんか?

雨の日、梅雨となると気が重く感じることが多いと思うのですが、考え方ひとつでとても楽しむことができますね。

洗濯物を室内にほして除湿器を稼働させればいいので、外にでて干す際の日焼けも気にしなくて済む、など前向きに考えてみるとなんだかラッキー!という気もしてきませんか?

小さいお子さんをお持ちのお母さんは、外で遊ばせてあげれなくて困ってることもあるでしょう。

そんなときは、子供番組を一緒になって観て一緒に手遊びを真似てみたり歌ったり、体を動かしてみたり。

時には、紙に自由に落書きをしてみよう!と、遊んでみたり。

室内でも、お子さんの為にできることはたくさんありますね。

お母さんが近くで一緒にいてくれる、遊んでくれるということがお子さんの心にとても大事だと思います。

梅雨の時季、男女問わず悩むことがありませんか?

梅雨と雨の日の悩みとは?

梅雨や雨の日の悩みがここでまたあるのですよね。

髪の広がりです。

特に、癖毛・天然パーマの方には悩みの多い時期だと思います。

なにをしても落ち着かない、まとまらない、ということはありませんか?

そんなときの手っ取り早い解決法がありますよ。

タオルドライしたときの少し湿ったタオルをすっぽりかぶり、上からドライヤーの温風をあてるんです。

これをすると、湿ったタオルから程良いスチームのような効果が得られるんです。

その後は、タオルをはずして髪全体にドライヤーの冷風をあてて髪のキューティクルを締めてあげるんです。

下手にスタイリング剤をつけまくるより効果的ですよ。

髪の広がりの原因は、うねりやキューティクルの開きによる乾燥のせいなので、それを改善するといいということです。

色々と改善していきながら梅雨や雨の日でも心地よく過ごしていきましょう。

スポンサーリンク

  - 季節

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
人気の記事
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報